ともだち、つくろう、3歳児。  〜 いま、3歳児保育の時代です 〜

3歳児になると自我が芽生え、いろいろなことに興味や関心をもち始めます。昔から「三つ子の魂、百までも」と言われるように、この大切な時期に、さまざまな環境のなかで、保育者や同年代児、異年代児とのかかわりを通じて、人間社会においての付き合い方を学んでいきます。また、友だち同士の考えの違いによるぶつかり合いや、自分一人で遊ぶより、友だちと一緒に遊ぶことの楽しさなど、家庭では経験できないようなことを幼稚園生活を通して体験するようになります。
少子化時代の今、一人っ子だったり、近所に友だちがいないなど、子ども同士で遊ぶ機会を持ちにくい子どもは少なくありません。そういう環境であればこそ、早く幼稚園に入り、さまざまな体験を通して、社会性や感性を幅広く培う機会をつくってあげることが大切です。幼児期の心や生活を豊かに充実させていくためにも、3歳児保育をおすすめします。